英語を話すことを学ぶのに適切な教材

カメラ持参の自転車ツーキニスト > 教養 > 英語を話すことを学ぶのに適切な教材

英語を話すことを学ぶのに適切な教材

英語を話すことを学ぶのに適切な教材はないか?

これはなかなか悩ましいことなのです。

TOEICの対策本等は本屋にいけばいくらでも

種類が出ていますが、それはあくまでもTOEICの

対策用の本でしかありません。

それを勉強すればTOEICの点数は上がるかも

しれませんが英会話を話すという上での効果については

かなり限定された効果しかないように思えます。

実際に英語を話すには自分自身で使えるフレーズを

自分のものとして、自分の言葉として発することが

できるようになるようなトレーニングが必要なのです。

決して、TOEICの頻出単語を暗記したり、

出題パターンを覚えたりといったテクニカルな

トレーニングで対応できるものではないでしょう。

またTOEICのテスト等はどうしても教育用の

音声ということになり、きれいすぎる発音となりがちです。

英語のTVや動画を見てもわかるとおり、そんなに

全員がきれいな英語で話すわけでもなければ、

話すスピードも一定ではなく、これに対応できるように

しておかなければいけないのです。

リスニングパワー



関連記事

  1. ストレスを溜めずに貯金をためる
  2. 英語を話すことを学ぶのに適切な教材
  3. テスト